お知らせ

北海道リモートトリップ【松前町】郷土料理「松前漬」🐟贈り物にもピッタリ🐟

01

自宅にいながらお取り寄せで北海道の海を感じよう!

北海道の最南端に位置し、西は日本海、南は津軽海峡に面している松前町。

2017年、松前町の「北前船」文化が

『荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~』の一部として、

日本遺産に認定された町でもあるのです。

北海道の歴史、文化の発祥地である松前は、漁業を主体とした海産物の生産地として栄え、

ニシンの盛漁期には「松前の春は江戸にもない」と言われたほど活気を見せていました。

このころから前浜でとれる『スルメイカ』を天然乾燥した

『するめ』の生産が行われ、結婚式やお正月のお祝い事に欠かせないものでした。

『するめ』と『昆布』を細切りにし、醤油、砂糖などで漬け込んだのが【松前漬】。

ご飯のお供にピッタリ!お酒のおつまにもピッタリ!

一度食べると、また食べたくなる美味しい【松前漬】をお取り寄せしませんか。

松前町にある老舗旅館「矢野旅館」【松前漬ギフトセット】が、2020年7月1日から販売開始!

矢野旅館→http://www.matsumae-yano.com/

松前漬(しょう油・塩味)と数の子がセットになって、5390円(税込)+送料別

数の子が別になっているので、数の子ありバージョンとなしバージョンの

2つの味が楽しめます♪

お中元にもギフト用にもピッタリ!もちろん、自分用にも (*^_^*)

手づくりの【松前漬】

  1. 醤油味
  2. 塩味

「矢野旅館」の【松前漬】は、女将と若女将の手作りなんです。

松前産の『するめ』と松前小島沖の『細目昆布』を使用。

お水は、七飯町・大沼横津岳のミネラルウォーター、

塩は、八雲町・熊石産海洋深層水を使用。

合成着色料、保存料は使用していません。

旅館やレストランで提供している食事、売店で販売する分も含めて

1回に仕込むのは100㎏単位!!!!

研究熱心な女将と若女将は、試行錯誤を重ね、

昔ながらの醤油味と珍しい塩味の2種類を作っています。

作り方は、材料を細かく切り、一昼夜かけて作った出汁に漬けて、

2~3日置いて完成。その間、毎日かき混ぜる。

これが昆布の粘りを生み、出汁の味をよくしみ込ませるコツなんですって。

手間ひまかかっています!

材料の割合、気候、漬ける期間など、作る人によって味が変わるんだとか。

【松前漬】は各家庭で作られていて、おうちによって味が違ったりするんです。まさに!母の味ですね!

「矢野旅館」が作る【松前漬】は。。。

女将が作った松前漬(醤油味)810円

こってりとしていて甘みのあるタイプ

若女将が作った松前漬(塩味)810円

若女将が女将に習った松前漬を少しアレンジ、さっぱり味

どちらも味わえるセット販売もありますよ!

矢野旅館

1951(昭和26)年創業の「矢野旅館」は、松前町で一番の老舗旅館なんです。

松前産本まぐろ、天然蝦夷あわびのお刺身や郷土料理などが味わえます。

老舗旅館の女将と若女将が作る【松前漬】を味わいませんか。

お取り寄せは、「矢野旅館」のホームページからできます。

http://www.matsumae-yano.com/

また、Facebookもあります!

旬の味の紹介もしていますのでチェックしてみて下さいね!

https://www.facebook.com/matsumae.yano/

 

#海と日本 #日本財団 #北海道 #hokkaido #海を味わおう

#松前町 #矢野旅館 #松前漬 #おうちで海活 #北海道リモートトリップ

  • 「北海道リモートトリップ【松前町】郷土料理「松前漬」🐟贈り物にもピッタリ🐟」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/article/?p=3432" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 09
  2. たつかまトップ画面
  3. _DSC3753-2
  4. 01
  5. 024_220625
  6. 01

Pickup

  1. 北海道A26_s01
    灯台が擬人化!?【燈の守り人】とは。。。✨ HBCテレビ…

    海を見守る灯台。その多くは、100年以上の歴史があります。小樽の日和山灯台が、なんと!キャラクターに…

  2. 北海道-A26-s01
    流氷の天使・クリオネ✨が減っている!? HBCテレビ「グ…

    冬のオホーツク海。流氷の時期になると現れる生き物がいます。それは。。。「クリオネ」。かわいらしいその…

  3. 北海道-A25-s03
    北海道の新たな名物になる!? 未利用魚「フグ」を活用🐟 …

    北海道のフグ漁獲量はここ10年あまりで膨れ上がり、日本一を誇ります!ところが。。。全国では高級魚とし…

  4. 北海道-A24-s02
    漂着物から海の環境の変化に気が付く!? HBCテレビ「夜…

    石狩の海岸で、漂着物を探す男性がいます。志賀健司さん。少し聞きなれない「漂着物学」の学芸員です。毎日…

  5. 北海道-A22-s03
    北海道産のホタテ支援の輪🐟 HBCテレビ「夜のブラキタ」…

    道東・別海町の町の自慢といえば・・・「ジャンボホタテ」!肉厚で、うまみたっぷりなんです!(^^)!今…

 
海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP