イベント

180年以上続く、伝統の神事。1/13~15【木古内町・第190回寒中みそぎ祭り&寒中みそぎフェスティバル2020】

03

北海道の冬はマイナス気温。。。そんな中、水で身体をきよめる。

男性が水をかぶっている理由は。。。「寒中みそぎ」!

木古内町で毎年1月に行われる伝統行事なんです。

4人の若者が1月13日から佐女川神社にこもり、昼夜問わず何度も自身の体を潔め、

1月15日に御神体を抱き、厳寒の津軽海峡に飛び込み、その年の豊漁・豊作を祈願する。

という伝統の神事は、今も引き継がれています。

2020年1月13日(月)~15日(水)

「第190回寒中みそぎ祭り&寒中みそぎフェスティバル2020」

佐女川神社、みそぎ浜、みそぎ公園などで行われます。

15日に行われる「海中みそぎ」は、行修者たちの勇壮な姿は見る者を魅了します。

木古内町は道南にあり、北海道新幹線の停車駅でもあります。

津軽海峡でとれた新鮮な魚介類の中でも、貝をそのまま炭火で焼いて食べるのが木古内流♪

 

寒中みそぎ

「寒中みそぎ」の始まりは、1831(天保2)年、神社守の夢枕に

「御神体を潔めよ」とのお告げがあり、目を覚ますと寒気肌さす1月15日の早朝でした。

神社守は直ちに真下を流れる佐女川の氷を打ち砕き、身を切るような冷水で

自身を清め、御神体を抱いて海岸に臨むと、河口に大鮫が波に打たれ、

その背中の上に美しい白衣をまとった女性の姿が見えました。

「あぁ、聖なる神の使者」と信じ、御神体を幾度となく沐浴し、

ふと見ると女性の姿は見えず、大鮫は川の上流へ上がり小さな沼に消されたといいます。

その年から、豊漁豊作が続いて村は大変賑わったといわれています。

以来、行修者と呼ばれる4人の若者が1月13日から佐女川神社に籠もり、

昼夜問わず真水で何度も自身の身体を潔(きよ)め、

毎年1月15日に別当・稲荷・山の神・弁財天の4体の御神体を抱き、

厳寒の津軽海峡に飛び込み、その年の豊漁・豊作を祈願する伝統行事として

引き継がれています。

※木古内町のHPより

4人の行修者

行修者に選ばれると原則4年間務める事になるんです。

1年目→弁財天(七福神の弁天様)

2年目→山の神(大山に住むと言われ、山を司る神)

3年目→稲荷(お稲荷様として知られている商工業・農業の神)

4年目→別当(佐女川神社の主祭神)

今回、1年目の行修者は。。。

大学生の時、先輩が行修者を務めていて「寒中みそぎ」を見に行った。

こういう伝統行事があるんだ。くらいに当時は思っていた。

今回、佐女川神社の宮司からお話があり、その時の事を思い出し

伝統を守れたら。と、今回、立候補したのです。

1年目なので皆についていけるようにがんばります!

と、話してくれました。

木古内町のグルメもあるよ♪

会場では、「みそぎ物産フェア」が行われ、木古内町のグルメが楽しめますよ!

地元の鍋料理として、鮭・野菜を使ったみそぎ鍋や

はこだて和牛のサイコロステーキなど、体が温まるグルメが揃いますよ。

180年以上続く伝統の神事を近くで見てみませんか。

詳しくは、木古内町のホームページまで。

http://www.town.kikonai.hokkaido.jp/kanko/event/kanchumisogi.html

#海と日本 #日本財団 #北海道 #hokkaido 

#海を学ぼう #海を体験しよう #海を表現しよう

#木古内町 #寒中みそぎ

 

イベント名第190回寒中みそぎ祭り&寒中みそぎフェスティバル2020
日程2020年1月13日(月)~15日(水)
場所佐女川神社、みそぎ浜、みそぎ公園 など
  • 「180年以上続く、伝統の神事。1/13~15【木古内町・第190回寒中みそぎ祭り&寒中みそぎフェスティバル2020】」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/article/?p=3077" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 219682003_259413512278994_7770770171188884612_n
  2. IMG-0481
  3. 城のある風景
  4. 07
  5. 04
  6. 01

Pickup

  1. umipro_gomi_map_esashi
    【北海道観光地美化リレー】トングのバトンリレーでごみ拾い…

    新型コロナウィルスの影響で観光客が減っている北海道の観光地。。。お祭りもイベントも2021年も中止の…

  2. 02
    貴重なレンズが里帰り☆ HBCテレビ「金曜ブランチ」7/…

    日本海側にある積丹岬。ここに「神威岬灯台」があります。1888年から今も船の安全を守っています。先日…

  3. 03
    地球にやさしいスポーツ🌎「スポGOMI甲子園北海道大会」…

    【ゴミ拾いはスポーツだ】全国30都道府県の若者がごみ拾いを競い合う『スポGOMI甲子園』を開催します…

  4. 03
    興部町の取り組み🐟 HBCテレビ「金曜ブランチ」7/16…

    オホーツク海に面した興部町。先日、海開きの前に、沙留(さるる)小学校の児童が浜辺でごみ拾い。きれいな…

  5. 03
    野生のラッコに会える!?🐟 HBCテレビ「金曜ブランチ」…

    かわいい~( *´艸`) ラッコ!!! 寝ているのかな~癒されますね~(*^▽^*)この可愛らしいラ…

 
海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP