イベント

海の幸が堪能できる! 5/25・26【増毛町・増毛春の味まつり2019~地酒に甘エビ、タコ、ホタテ!~】

01

北海道の北西部にある港町、増毛(ましけ)町で、

2019年5月25日(土)26日(日)「増毛春の味まつり~地酒にエビ、タコ、ホタテ!~」が

開催されます。

毎年大人気で増毛町を代表するお祭り。

増毛の味覚といえば【甘エビ】が有名ですが。。。実は、【タコ】【ホタテ】も獲れるのです。

お祭り会場は、駅前歴史通り周辺(永寿1・稲葉1・弁天1・港町・稲葉海岸町・見晴町)で

開催されます。

町全体がお祭り!? と、言いたくなるくらい、この2日間は増毛の味を堪能できます!

新鮮な海の幸

会場では、新鮮なエビやタコ、ホタテが味わえるだけでなく、えびすくい、ホタテ詰め放題、

朝獲れた甘エビの特売など盛りだくさん!

これだけではありません!

増毛町出身・三國清三シェフの「三國風甘えびカレー」も会場で頂けます。

増毛といえばもう一つ。。。日本最北といわれる酒蔵「国稀酒造」。

お祭り期間中、「酒蔵まつり」と題して、限定品の販売やまつり限定酒が登場しますよ!

『国稀高級酒』有料試飲(限定ぐいのみ付き)や

地元限定酒『純米吟醸 令和まるいち』新発売のお披露目、

船積み酒『漁師の力酒』の販売もあります。

『漁師の力酒』は、漁船で熟成したお酒。日本海の荒波にゆられて出来たお酒は、

なまらうまい地酒です!

ここでちょっと『漁師の力酒』について。。。

江戸で飲まれる酒の多くは上方からのもので、伊丹や灘から船積されて海を越えて

運ばれてきました。吉野杉の樽に入れられた酒は海上で揺れるとまろやかになり、

産地の上方より江戸で飲み酒の方がより美味しかったとか。

その言い伝えを漁師たちは昔から知っていて、祝いの酒や日頃飲む酒を

漁船に積み込んで、ひそかに楽しんでいたそうです。

留萌管内の各漁業協同組合の青年部で組織する

留萌地区漁業協同組合 青年部連絡協議会のメンバーが、

昔から言い伝えの日本酒を船に積み込む話を思い立ち、

自分たちで船積をして「豊漁と海上安全」の願いを込めて

郷土の新たな名物として販売する企画を立てました。

地元(増毛町)の「国稀酒造」に”思い”を伝えプライベートブランドとして製品化に!

管内の各青年部の漁船に分配し、日本酒(原酒)を40日間積み込み

2009年4月に船積み酒「漁師の力酒」として誕生しました。

「酒蔵まつり」会場で5/25・26の2日間、販売🍶

・旨口(900ml)1540円

・超辛口(900ml)2050円

・10周年記念 特別限定酒(販売予定)

他にも、杉樽酒や特製甘酒のサービスもありますよ。

増毛の海産物と地酒が楽しめます!!!

増毛の食と歴史

増毛町は『道北の古都』と言われています。

1706年(宝永3年)に松前藩の藩士・下国家がマシケ領を知行した事から始まり、

明治・昭和時代はニシン漁で賑わった町です。

1921年(大正10年)、JR留萌本線の最終着駅増毛が開業。

駅周辺には、明治から昭和にかけての建造物が今も残っています。

「国稀酒造」の創業者・本間泰蔵の自宅であった『旧商家丸一本間家』は、

1902年(明治35年)に完成した建物で、国指定重要文化財です。

本間家は、『丸一本間』の屋号で呉服商に始まり、ニシン漁の網元、海運業、

酒造業などの事業を展開し、家屋もそれに伴い増築し、建物が9棟合わさるという広さ! 

当時は道北一の豪商だったとか。

また、鰊粕の保管に使用されていた『千石蔵』は、正確な建築年度は不明だが、推定100年以上。

ここには、1950年(昭和25年)頃に作られた、鰊漁の船が展示されています。

数回しか使用されなかったようで、化粧板の色彩も鮮やかに残っていて

当時の船が完全な形で残っているのはとても珍しいんです。

お祭り期間中、特別公開するのが、1936年(昭和11年)に建てられた木造校舎『旧増毛小学校』。

道内に残る木造の小・中学校校舎では最も広く、2011年(平成23年)まで使われていました。

『増毛厳島神社』も特別拝観できます。

別名『彫刻神社』とも呼ばれ、けやき造りの本殿は、ところどころに彫刻が施されています。

拝殿の中には、江戸時代の絵馬額や天井画などがあり…神社というより、芸術鑑賞に浸れます。

また、25日(土)限定ですが『増毛灯台』も一般公開します。

増毛の食と歴史、どちらも楽しめるお祭りに行ってみませんか。

 

#海と日本 #日本財団 #北海道 #hokkaido #海を味わおう

#増毛町 #増毛春の味まつり2019 #甘エビ #タコ #ホタテ

イベント名増毛春の味まつり~地酒に甘エビ、タコ、ホタテ!~
日程2019年5月25日(土)26日(日)午前10時~午後2時
場所駅前歴史通り周辺
主催増毛 春の味まつり実行委員会
協賛増毛漁業協同組合、JA南るもい農業協同組合、増毛町商工会、増毛地方卸売市場買売人組合
  • +1
  • 「海の幸が堪能できる! 5/25・26【増毛町・増毛春の味まつり2019~地酒に甘エビ、タコ、ホタテ!~】」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/article/?p=2203" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 201706-181-800x533
  2. 01
  3. 02
  4. DSC_1136
  5. 加工協青年部
  6. ひらめ⑤

Pickup

  1. 03
    目指そう!海ごみゼロ! HBCテレビ「サンデーDokiっ…

    日本財団と環境省は、神奈川県藤沢市江ノ島の海岸で、海洋ごみの削減を目指す清掃キャンペーン『海ごみゼロ…

  2. 190607_海と日本_積丹web用変更
    森は海の恋人♥コンブと海の関係♡コンブを知って積丹の海を…

    海と日本プロジェクトin北海道では、「コンブを知って積丹の海を楽しもう!2019」を開催します!20…

  3. 01
    海をキレイにしよう!海ごみゼロウィーク HBCテレビ「サ…

    先日、石狩市・石狩浜で「ごみ拾いビーチウォーク」が行われました。その模様をHBCテレビ「サンデーDo…

  4. 01
    【海洋ゴミ】の取り組み!HBCテレビ「サンデーDokiっ…

    海に浮かんだり岸に漂着するゴミ【海洋ゴミ】。その発生メカニズムを解明するための共同プロジェクトを日本…

  5. 02
    メイドイン厚岸 カキの美味しさとは…🐚HBCテレビ「サン…

    上の写真は何かわかりますか?正解は。。。カキの子ども「稚貝」です!2019年6月2日(日)放送、HB…

アーカイブ

  1. 2019年
  2. 2018年
  3. 2017年
  4. 2016年
   
海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP