レポート

完成に半年!「寒塩引(かんしおびき)」って知っていますか?

寒塩引 (6)

「寒塩引(かんしおびき)」。

字だけを見ると何か想像つかないですよね。

「寒塩引」とは。。。石狩の海で10月に水揚げされる4㎏以上のオスの鮭のみを使用。

腹子を取り出した身に、3~4回塩をすりつけた後、むしろを被せて風気が入らないようにして、約3か月の間、塩漬けにして保存。

大寒(1月)に水に浸して塩抜きにする作業を10日程、毎日繰り返し、1本1本軒に吊るします。

1~2週間、寒風にさらし、室内(常温)で干して熟成させること約90日。

完成するのは5~6月。

約半年かけてできあがるんです。

 

 

軒に吊るされるオスの鮭

手間ひまかかる「寒塩引」の歴史はとても古いのです。

江戸時代、鮭を長期保存するために製造されていた事が、

石狩市・村山家に代々伝わる古文書によって明らかになりました。

当時は、江戸幕府への献上品でもあったようです。

 

 

熟成された鮭

旨味が凝縮され、程よく脂が抜けた身は、手で裂けるほどやわらかく、

しっとりした仕上がりなんです。

復活した「寒塩引」

2013年に地元の水産加工会社や石狩観光協会の役員たちによって「寒塩引」研究会が発足。

古文書に書かれた製法で、2014年秋に仕込み、翌年の春に完成!

それから毎年、製作しています。

去年仕込んだ「寒塩引」は残りわずかです!

来年完成する「寒塩引」は来年3月から予約受付開始になります。

問い合わせ:石狩観光協会 ☎0133-62-4611

イベント名寒塩引
  • 「完成に半年!「寒塩引(かんしおびき)」って知っていますか?」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/article/?p=876" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 15
  2. 05
  3. 04
  4. IMGP0305-復元
  5. IMG_4630
  6. 02

Pickup

  1. 03
    サウナの後は水風呂が定番💧 ワンランク上は灯台!? HB…

    函館の市街地から車でおよそ1時間30分のところにある「恵山岬」。「恵山岬」周辺の海は、津軽海峡を東流…

  2. スポGOMI甲子園01
    高校生たちの熱き戦い!スポGOMI甲子園! HBCテレビ…

    2022年12月、東京。ごみ拾い日本一の高校生を決める「スポGOMI甲子園」の全国大会が行われました…

  3. 03
    流氷が大好きな小学6年生。その熱意は・・・HBCテレビ「…

    小学6年生の井上さんが、今、夢中になっているのは『流氷』。井上さんは2年前に海と日本プロジェクトが行…

  4. 02
    タコを販売することで海の資源を守る🐙 持続可能なタコ漁🐙…

    札幌から車でおよそ3時間(高速道路利用)の所にある苫前町。日本海に面している苫前町は、甘エビやタコ、…

  5. 02
    灯台とグランピングを合わせた取り組み⛺ HBCテレビ「サ…

    灯台をシンボルとした美しい海への関心を高めようと、「海と灯台サミット2022」が、2022年11月に…

 
海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP