番組情報

知られざる水族館のお仕事🐟 HBCテレビ「サンデーDokiっと」9/25放送

02

年間およそ35万人が訪れる、「おたる水族館」。

パノラマ水槽で、優雅に泳いでいるのは、アオウミガメの「太郎」です。

※上の写真

「太郎」は2007年。

道北の初山別村の海岸で瀕死の状態でいる所を保護され

「おたる水族館」に運び込まれました。

治療にあたったのは水族館の獣医師・角川さん。

「チームウラシマ」を結成し懸命に治療にあたりました。

角川さんは、治療だけではありません。

「病気の魚の寄生虫をチェックして標本を大学に送って診断してもらう。

研究機関としての水族館の一面ということになります」

と、角川さんは話します。

水族館のお仕事をHBCテレビ「サンデーDokiっと」で放送しますよ!(^^)!

水族館のお仕事

釣り針を飲み込んだり、釣り糸に絡まった動物を保護し、自然界に返す活動も続けています。

希少な動物を絶滅の危機から守り

次の世代に伝えていく「種の保存」にも力を入れています。 

本州の水族館にお嫁にいったセイウチ。

次世代の子どもを産んで命をつなげていく。

水族館には、自然や生き物たちについて考えるきっかけが溢れています。

詳しくは番組を観てくださいね!

番組名:HBCテレビ「サンデーDokiっと」

放送日:2022年9月25日(日)午前6時15分~

 

#海と日本 #日本財団 #北海道 #hokkaido #海を学ぼう

#小樽市 #おたる水族館

  • 「知られざる水族館のお仕事🐟 HBCテレビ「サンデーDokiっと」9/25放送」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/article/?p=6191" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 02
  2. 北海道-A19-s02
  3. 北海道-A18-s01
  4. 03
  5. 01
  6. 01

Pickup

  1. 02
    日本各地の海のごちそうが勢ぞろい🐟 HBCテレビ「サンデ…

    東京の有明ガーデンで2022年10月、日本各地の海のごちそうが勢ぞろいするイベントが行われました。こ…

  2. 北海道-A19-s02
    船の安全を守る灯台🛥️ HBCテレビ「グッチーな!」11…

    小樽の高島岬に立つ日和山(ひよりやま)灯台。この灯台は かつて、光以外の方法を使って船の安全を守って…

  3. 北海道-A18-s01
    能取岬灯台🌟 擬人化されたキャラクターが完成🌟 HBCテ…

    オホーツク海に突き出した岬に建つ「能取岬灯台」(網走市)。モノトーンの塗装と八角形が印象的な西洋風の…

  4. 03
    ごみを捨てて、無料でプリクラ撮影📷 HBCテレビ「グッチ…

    北海道を代表する水族館のひとつ「おたる水族館」。2022年10月に期間限定で、あるものが登場しました…

  5. 01
    未来の海を考えよう!北海道の子ども達が長崎で調査🐟 HB…

    子どもたちが、海と科学技術を学ぶ「るもい日本海調査隊」。2022年9月、長崎県の子供たちと一緒に、留…

 
海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP