お知らせ

今年も開催!『海の宝アカデミックコンテスト 2018』7月2日から応募開始!

28

今年で3回目を迎える【海の宝アカデミックコンテスト 2018】。7月2日から応募開始です!

このコンテストは何かというと。。。

北海道大学大学院水産科学研究院が行っているコンテストで、全国の中学生・高校生を対象に『海』をテーマとしたプレゼンテーションコンテストなんです。

海に対する思い、海のすばらしさを自由な発想で、文章・絵・写真を使って発表します。

今年は新たに『電子紙芝居mini』を募集! なんと!小学生高学年も応募できます。

募集対象は、全国の中学生・高校生で個人または団体での応募可能。

応募作品は。。。

『マリン・サイエンス部門』→自然科学の内容による海の宝を8枚組の電子紙芝居で表現(科学の知識や実験・研究に関する発表など)

『マリンカルチャー部門』→文化的な内容や物語による海の宝を8枚組の電子紙芝居で表現(海の絵や写真を使った文化や物語の作品)

『電子紙芝居mini』→海の宝を4枚組の電子紙芝居で表現

          ※小学生高学年も応募可

 

※上の写真は去年のコンテスト

去年の発表の様子

去年は全国から159作品、480人の応募がありました。

審査はプレテーションにおける「アピール力・表現力」「内容のわかりやすさ」「聞き取りやすさ」

「時間配分/質疑応答」を基に行われ、その結果、4つの部門の大賞が選ばれました。

去年の作品は「海の宝アカデミックコンテスト」のホームページで見る事ができます。

http://www.umicon.jp/index.html

去年の様子

  1. 実験コーナー
  2. ミニ実験!ウニの生殖巣の観察
  3. 休憩時間

去年はコンテスト会場に北海道大学の研究紹介・展示・実験コーナーもありました。

コンテストに参加した学生たちは、海の素晴らしさや研究の奥深さを感じていたようです。

 

去年の様子

『海』といっても、生物が住んでいる、海で漁をする、海で海水浴をする、砂浜でキャンプをする、

海でゴミ拾いをする。など、たくさんの出来事があります。

今年の夏は『海』にもっともっと興味を持って、コンテストに応募してみませんか。

もしかしたら発見があるかもしれませんよ~☺

コンテストの応募は

電子紙芝居→2018年7月2日~9月26日必着

電子紙芝居mini→2018年7月2日~9月5日必着

詳しくは「海の宝アカデミックコンテスト」のホームページをご覧ください。

http://www.umicon.jp/index.html

#海と日本 #日本財団 #北海道 #hokkaido

#海を学ぼう #海の宝アカデミックコンテスト #北海道大学

関連リンク

  1. 01
  2. 01
  3. 858f1a4b2e57743f0437acb6208251bc[1]
  4. 01
  5. PowerPoint プレゼンテーション
  6. プレゼンテーション2

Pickup

  1. 北海道-A#14-s01
    100年以上続く伝統のお祭り「三国神社例大祭」 HBCテ…

    燃え上がる真っ赤な炎と真っ赤な天狗・・・これは、伝統的なお祭りの一幕です。北海道の西海岸の中央、北西…

  2. 02
    海でつながるゴミ拾い HBCテレビ「サンデーDokiっと…

    「海と日本プロジェクト」が推進する、 海でつながるゴミ拾い全国一斉アクション、 海でつながるゴミ拾い…

  3. 02
    漁業体験!HBCテレビ「サンデーDokiっと」で放送 

    2016年に開通した北海道新幹線。青函トンネルを抜けて、北海道の最初の駅が「木古内(きこない)」です…

  4. 02
    夏のアクテビティーには給スイカ!を合言葉に!HBCテレビ…

    2018年7月16日の海の日におたるドリームビーチで「給スイカステーション」が、小樽ライフセービング…

  5. 03
    楽しく海で遊ぶための教室が開催されました HBCテレビ「…

    先日、「親子で学ぶ海のそなえ教室」が日本財団の主催で開催されました。水辺の事故での死亡者数は毎年約1…

 
PAGE TOP