イベント

天保2年から続く神事。厳寒の海でみそぎ【木古内町・寒中みそぎ祭り2023】1/13~1/15

07

札幌から車でおよそ5時間(高速道路利用)、函館からおよそ45分のところにある木古内町。

津軽海峡に面していて新鮮な魚介類をはじめ、ひじきや昆布もとれます♪

そんな木古内町で毎年1月に行われる伝統行事『寒中みそぎ』

4人の若者が1月13日から佐女川神社にこもり、昼夜問わず何度も自身の体を潔め、

1月15日に御神体を抱き、厳寒の津軽海峡に飛び込み、その年の豊漁・豊作を祈願します。

『寒中みそぎ』

2023年1月13日(金)~15日(日)

佐女川神社、みそぎ浜で行われます。

寒中みそぎ

『寒中みそぎ』の始まりは

天保2(1831)年、神社守の夢枕に

「御神体を潔めよ」とのお告げがあり、目を覚ますと寒気肌さす1月15日の早朝でした。

神社守は直ちに真下を流れる佐女川の氷を打ち砕き、身を切るような冷水で自身を清め、

御神体を抱いて海岸に臨むと、河口に大鮫が波に打たれ、

その背中の上に美しい白衣をまとった女性の姿が見えました。

「あぁ、聖なる神の使者」と信じ、御神体を幾度となく沐浴し、

ふと見ると女性の姿は見えず、大鮫は川の上流へ上がり小さな沼に消されたといいます。

その年から、豊漁豊作が続いて村は大変賑わったといわれています。

以来、行修者と呼ばれる4人の若者が1月13日から佐女川神社に籠もり、

昼夜問わず真水で何度も自身の身体を潔め、

毎年1月15日に別当・稲荷・山の神・弁財天の4体の御神体を抱き、

厳寒の津軽海峡に飛び込み、その年の豊漁・豊作を祈願する伝統行事として

引き継がれています。

4人の行修者

寒中みそぎを行う若者は『行修者』と呼ばれ、原則4年間務めます。

1年目→弁財天(七福神の弁天様)

2年目→山の神(大山に住むと言われ、山を司る神)

3年目→稲荷(お稲荷様として知られている商工業・農業の神)

4年目→別当(佐女川神社の主祭神)

イベントも開催

14日(土)は、「冬花火の舞」と「寒中みそぎまちあかり」が行われます。

およそ190年続く伝統の神事を見に行きませんか。

詳しくは、木古内町観光協会のホームページまで。

https://www.town.kikonai.hokkaido.jp/tourism/whatsnew/misogi2022.html

 

#海と日本 #日本財団 #北海道 #hokkaido #海を学ぼう #海を体験しよう 

#海を表現しよう #木古内町 #寒中みそぎ

イベント名寒中みそぎ祭り2023
日程2023年1月13日(金)~15日(日)
場所木古内町・佐女川神社、みそぎ浜
  • 「天保2年から続く神事。厳寒の海でみそぎ【木古内町・寒中みそぎ祭り2023】1/13~1/15」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/article/?p=6458" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 2020020600057_hk_docs_2020020600057_files_funakogi
  2. 01
  3. 01
  4. 1714033429-527-745
  5. 0d0f8cf00f79421365b7191ec16b41cc88024ad0-thumb-1000xauto-2106
  6. 37601_71084_img

Pickup

  1. 北海道-A05-s02
    未利用食材『ダルス』で町おこし! HBCテレビ「グッチー…

    ウニのまち、積丹町では、磯焼けによって減ったウニを増やすために、エサとなる昆布を養殖しているんです。…

  2. 北海道-A04-s01
    あれなに???石狩湾にそびえ立つ風車群!? HBCテレビ…

    日本海・石狩湾に現れた巨大な建造物。それは何かといいますと。。。ちょっと珍しい、海の上に立つ、風車!…

  3. 北海道-A03-s01
    高校生が日本海のエビかご漁に挑戦!HBCテレビ「夜のブラ…

    夜明け前の午前3時。積丹町の余別(よべつ)漁港から出港したのは、第18勇福丸。エビかご漁の解禁初日で…

  4. 北海道-A02-s04
    子ども調査隊集合!第1回同窓会を開催🐟 HBCテレビ「グ…

    2024年3月。【海と日本プロジェクトinガッチャンコ北海道 第1回 調査隊同窓会】が開催されました…

  5. 北海道-A-s01
    巨木に天狗が住んでいた。という民話のアニメが完成👺 HB…

    日本財団の『海ノ民話のまちプロジェクト』は、全国各地の民話をアニメ化して、ストーリーに込められた「教…

 
海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hokkaido.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ガッチャンコ北海道</a></iframe><script src="https://hokkaido.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP